Skip to main content

Posts

Featured

プノンペンの一極集中時代は終わりを告げようとしている

こんにちは!!!
投資家あおやまです。 

プノンペンの一極集中って何? 
と、プノンペンにきたことは無い方は思われるかと思いますが、プノンペンの街は非常にコンパクトにできています。

アパートを選ぶときにも、生活に関わる全てのお店が近隣にあり、職場などからなるべく近くを好む傾向がありました。
だからある程度生活するのに便利な施設が集中した特定のエリアだけが発展して、それ以外のエリアと分かれる様になっていたのですが、 これらの原因は何かと言うと、公共交通機関の欠如からこのようになっていました。
なってましたと過去形なのは、これからは違うと私は予想をしているからです。

上記の理由としては、単純に公共交通機関が増えてきたからです。 
今までのプノンペンでは、公共交通機関と呼べるものは、オートバイと荷台を連結した、TukTukと呼ばれる乗り物しかなく、TukTukのドライバーとの交渉が必要になります。 それもちょっと乗っただけで5ドル(日本円で550円くらい)とか取られます。
カンボジアの物価を考えると高すぎですが、選択肢がないので払う以外には移動手段はありませんでした。

TukTukは、観光用の乗り物として個人的には好きなんですけどね。


それが、1500リエル(約37.5セント)で乗れる循環バスができて、空港と市内中心部とをつなぐ列車が走るようになって、さらにメータータクシーが増えてきました。
イオンの1号店と2号店を結ぶ循環バスも結構な距離があるのに片道わずか1500リエルです。

配車アプリのUberがカンボジアに上陸したのは昨年の2017年ですが、それから一気にプノンペンの景色が変わってきました。Uberは、今年の始めにはGrabに売却してしまいましたが、今まで街の至るところの角を占拠していたTukTukの台数が日々減ってきているのを実感します。

それもあってか車での移動がスムーズになりました。

配車アプリでタクシーを呼べば直ぐにきてくれますし、料金はもとから安いので、TukTukドライバーとの面倒な交渉など必要なくなったのです。

循環バスでなら、時間はかかりますが、1回乗り換えれば市内のほとんどの場所から空港までいけます。
そして、以前は渋滞がひどかったプノンペン市内の交通も、日本のODAによる支援で、日本式の信号機の普及により渋滞が緩和されてきています。

プノ…

Latest Posts

発表間近か? L レジデンス の次期プロジェクト

J-Tower2の取扱に関して

利益率と稼働率

カンボジアのイオンモール2号店に行ってきた

【結構快適】カンボジアのモバイルインターネット(SIMフリー)環境がどれだけ進んでいるか解説しようかと思う【カンボジアライフ】

6つの不安がなくなればあなたの起業は絶対成功する

【考察】そもそもプノンペンの中心地ってどこ?

事故車は嫌なのでカンボジアで2008年製プリウスを個人輸入してみた

【完成直前】デベロッパー直販の格安コンドミニアム【5万ドル台】追記あり