Skip to main content

Posts

Featured

【Open Street Map採用!】カンボジアでの地図情報について

こんにちは!
投資家あおやまです。
3月からアップしている弊社のサイトの新バージョンではGoogle MapではなくOpen Street Mapに移行しています。

Open Street Mapはこんな感じです。
https://www.openstreetmap.org

Open Street Mapについて知らない方のためにざっくりとご説明すると、自由に利用できるオープンソースの地図データベースです。
大手IT企業もデータ構築に協力していて、Microsoftは衛星写真で得られた建物の画像をOpenStreetMapに取り込み、アメリカの地図データに建物の形を反映させたり、これ以外にもAppleはフランスとデンマークの地図データに「建物の形と高さ」を反映するためのデータを公開したり、Facebookは人工知能を使ってタイの地図データの品質を向上させる方法を検討したりしています。

https://theodi.org/article/how-are-facebook-apple-and-microsoft-contributing-to-openstreetmap/

今回Google Mapから、Open Street Mapに移行したのは、いくつか理由がありますが、一番大きな理由はgoogle Mapでは更新が遅いからです。
例えばこの辺りなんて湖のままになっていますが、実際は既に何年も前に埋め立てられていて現在では立派な道路ができています。

同じ地点の地図で比べると一目瞭然です。上がGoogle Map 下がOpen Street Mapです。
 既に埋め立てられて、周辺は、立派な道路になっていますが、google Mapではこの辺りは未だに湖のままです。

最近やっとGoogle Mapでも道路データの表示がされたくらいですが、ちょっと遅すぎです。
その点、Open Street Mapは更新も早いし無料で使えて良いことも沢山あります。
最新の地図データが更新されているのもマイクロソフトやアップル、Facebookなど大手のIT関連企業が協力しているからですが、残念ながら完璧ではありません。

皆が使う情報を元に新しい情報を更新しているので、
例えば、こんな場所だとガソリンスタンドの中を皆が走っちゃいます。

そうすると地図上ではどうなるかと言うとガソリンスタンド…

Latest Posts

自宅用に買ったコンドミニアムの現在の状況!

【転売情報あり】いつの間にか計画が変更されるコンドミニアム

【読者限定】飲み会開催の可能性のお話

新サーバーのテスト運用を開始しました!!!

Lレジデンスの新プロジェクト(Borei Keyla)の値上げ確定

Lレジデンスの新プロジェクト(Borei Keyla)の早期割引5%期間が終了致しました!

Lレジデンスの新プロジェクト(Borei Keyla)ついに発表されました!!!【追記あり】