Saturday, July 22, 2017

人生に満足していない人必見! 人生を劇的に変える質問の力

あなたは自分の人生に満足していますか?
(人生に満足している人はそのまま読み飛ばしてしまいましょう!)

満足していない人でも、失敗はあるでしょうが、それと同じように大きな成功ではなくても成功している部分はあるでしょう。
それでも、満足できない理由はなんでしょうか?

こう質問すると人は満足できない理由を出してきます。

「◯◯に問題がある」

問題なんて誰にでもありますが、あなたと人生に満足している人の違いは意外と単純で、自分に問いかけている質問が違うのです。

例えば、ナルシストの人は
「俺ってどうしてこんなに凄いのだろう?」
と常に自分に問いかけている事でしょう。
そうすると、自分が凄い理由を出して自分で勝手に満足してしまいます。

そう。自分の人生に満足できない人と満足できている人との違いは自分に問いかけている質問にあったのです。

例えば、自分に
「今感謝できることは何かありますか?」
と問いかけると感謝できる事をリストアップしようとします。

例えば、失敗した時にも自分の人生に満足できない人と満足できない人との違いが現れてきます。
世間一般で言う失敗には、その失敗と同等かそれ以上の価値を持った成功の種子があります。

ただ、ほとんどの人が失敗に直面すると、自信を失い、迷走を始めてしまうのは残念な事です。

この時に
「この失敗から学べることは何だろうか?」
と自分に質問すると失敗から学んで成長することができます。

私は、失敗なくして成功する事はありえないと思っていますがその失敗にどう対応するかで今後の成功も変わってきます。
私が行った失敗の対応方法について検証してみました。

人間の脳は質問を与えられると答えを探すという素晴らしい機能を生まれながらに持っています。

この機能を利用して失敗した原因に対処するのですが、失敗した時に、「なぜ失敗してしまったんだろう」と質問を自分にすると失敗した原因を脳は探し出します。

「あれがダメだった」
「あの行動が失敗の原因だった」

など、その原因を探れば探るほど落ち込んで行きますよね?

この時は、「どうしたら成功できるだろうか?」と質問をすると脳は、成功する方法を探し出します。
じゃあ、こうすればどうなるだろうといった新たなアイディア(質問)が出てくるかも知れません。

どちらが良いかは明白ですよね?
これで失敗しても落ち込まずに、次の手を考えます。

ちょっとイライラした時にも、この脳の機能は有効に働きます。
イライラした原因に対して、その対象に対して
「なぜイライラしているのか?」
「ムカつく事は何だろう?」と自分に質問していると余計にイライラしてしまいます。

その時に、自分自身に向かって
「今、この問題を解決するための方法があるとしたら何だろう?」
と質問するだけで問題解決の方法を脳は探し始めます。

実はこの脳の機能は自分自身とのコミュニケーションだけではなく対人関係でも、同じ事が言えます。

例えば、ある自殺志願者に対して、この脳の機能を熟知した方がこういった質問をしました。

「なぜ、いままで自殺しなかったのですか?」

普通に聞いたらびっくりしてしまいそうですが、この質問を聞いて脳は、自殺しない理由を考えるんです。
「親が悲しむし・・・ 友達も悲しむし・・・ まだやりたいこともたくさんあるし・・・」
今まで自殺しなかった理由なんてあげたらきりがないですよね?

間違っても自殺しようとしている人に「なぜ自殺しようとするんだ?」と聞いてはいけません。
自殺する理由を脳は探しだして答えを出してしまうからです。
意識してないとつい言ってしまいそうです。

それぞれの質問に対して脳は答えを探し出します。
質問を変えるだけで人生の質は大きく変わります。

もし落ち込んでいる人がいたらこう質問してみて下さい。
「あなたが今感謝できる事はなんですか?」
感謝出来ることがきっと見つかると思いますよ。
ぜひ試してみて下さい。

投資家あおやま

No comments:

Post a Comment